読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風優太の徒然日記

風優太のブログ、様々なことをブログにしていきます。

この上質な輝きを作っているのがスワロフスキーなのです。

収益構造の転換にもがいてきた企業が、最近になって市場で注目を集めている。
11~12日に年初来高値を付けた銘柄には、建設株など政策期待で買われやすい業種に混じり、資生堂ソニーなどが顔を出した。
2012年以降のアベノミクス相場に乗り遅れたが、収益改善の糸口がようやく見えてきた銘柄群だ。
日経平均が今と同じ1万6000円台だったのは約10年前。
このときと比べて時価総額が大きく減っていた銘柄ほど、今年は逆行高になっている傾向がある。
例えば、段ボール大手のレンゴーだ。
昨年末時点の時価総額は06年末から3割も減っていた 。
それが生産拠点の再編で16年3月期は6期ぶりの営業増益に転じたことで見直され、株価は昨年末比で31.5%上昇した。
大日本印刷は印刷や液晶関連の落ち込みで前期まで2期連続の営業減益に見舞われ、時価総額は一時、ライバルの凸版印刷に抜かれた。
今期は、生産再編や本社機能の集約などの合理化効果がやっと浸透し始め、6%増益の見通し。
有機EL技術など新規事業への期待も加わり、株価は12日に年初来高値を付けた。
上場企業全体の業績は今期、曲がり角にさしかかる。
日経平均を1つの銘柄とみなした場合の予想1株利益は現時点で5年ぶりに減る見通し。
円高で収益圧迫圧力がかかるなか、ドルトン・キャピタル・ジャパンの松本史雄氏は構造改革で収益改善が確実に計算で きる企業への投資には妙味があるとみる。
世界の株式市場ではリスクオンの雰囲気も漂う。
だが欧州金融機関の経営問題など不安材料が消えたわけでなく、相場の潮目が大きく変わったとはいえない。
自力で復活を模索する企業への資金流入は、円安頼みの相場を脱しようともがく日本株の姿と重なって見える。
では、最後に「ブリラミコの通販」に関することを紹介します。
ブリラミコ通販
ブリラミコのデザインは洗練されたクールなイメージと、それをマイナスにさせない上質な輝きで素晴らしいバランスを作っています。
この上質な輝きを作っているのがスワロフスキーなのです。
この時計が若者たちの間で人気があるのは、豪華で存在感のある時計でありながら、比較的安価であることも大きな要素となっています。
それを可能としているのが、ダイアモンドではなくこのスワロフキーなのです。