読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風優太の徒然日記

風優太のブログ、様々なことをブログにしていきます。

今後、保守党は党の下院議員330人による投票で候補者を絞り込む。

不出馬の理由については仲間と相談し、議会の状況を考えたうえで決断したと述べるにとどめた。
そのうえで次の保守党政権を成立させるためにいかなる支援も惜しまないと話した。
ジョンソン氏はEUから主権を取り戻すと主張し国民投票では離脱派の代表として論陣を張った。
ただ国民投票で離脱が決まった後は、具体的な離脱交渉の方針や離脱後の英国の将来像などについて語っておらず、立候補届け出時の発言に注目が集まっていた。
一方、残留派を中心に支持を集めるメイ氏は30日午前にいち早く立候補を届け出た。
メイ氏は演説でBrexitが意味するのはBrexitだと国民投票の結果を尊重する考えを示した。
新首相に選出さ れた場合には、離脱派議員などを中心としてEUとの交渉を担う専門の省を設立し、準備を進める方針を示した。
EU離脱に向けた交渉を始めるには、EU基本条約であるリスボン条約の50条に基づき、欧州理事会に離脱の意思を通知する必要がある。
EU側は早期の通知を求めているが、メイ氏は年末までは通知しないと述べ、離脱交渉を有利に進めるため英国内の準備を優先する考えを示した。
候補者はこのほかに国民投票のキャンペーンでジョンソン氏とともに離脱派を率いたゴーブ司法相、クラブ雇用・年金相、レッドソム・エネルギー担当閣外相、フォックス元国防相を加えた5人。
今後、保守党は党の下院議員330人による投票で候補者を絞り込む。
棄権者が出なければ、7月5日を皮切り に7日、12日に投票を繰り返し最下位候補をふるい落とす仕組みだ。
2人に絞り込んだうえで9月9日までに保守党員による決選投票を実施し、新党首を選出する。